アニマルヒーリング注意事項

♡アニマルヒーリングを受けるに当たり

言葉の出来ない動物達のコンディションの変化は微細な観察によって可能です。

目の輝き

毛艶、雰囲気

食事の回数、量

行動、行動範囲、遊び

家族や他仲間との関わり

上記の項目などついて、ヒーリングを受ける前後に記録をとることで、より変化が分かりやすくなります。


・ヒーリングは医療行為ではありません。ヒーリングはエネルギーに敏感な動物達のコンディションをエネルギーレベルからバランスし、心、体の流れの最適化をサポートするワーク。


・セッション効果は個体に差があります。セッション後エネルギーの変化による好転現象、もしくは疲れ、だるさが出る場合があります。激しい運動や環境変更はしばらく避けるようにおすすめ致します。


・ セッション内に得られた情報は、各自責任においてご活用をお願いいたします。


・ ヒーリングを受けたあとは、ヒーリングのプロセスの一環として、好転反応による眠気、だるさ、甘えみたいな症状が出る場合があります。抑圧された感情があった場合は古い感情が解放されていく途中に感情の再体験をする場合があります。いずれ水分、睡眠をしっかりとりますと、それらがスムーズにリリースされて行きます。


・セミナー・セッションは宗教団体と関係はありません。


・チャネリングワークにつき、セッション後の質問は受付できかねますので、ご了承ください。

ディヴァインアニマルヒーリング

養成講座からヒーリングセッションまでアニマルヒーリングに関することをご提供します。

0コメント

  • 1000 / 1000